3年乗って感じたGSR400の魅力とインプレッション

バイクハウツー




こんにちは、MotoCampです!

GSR400に乗って3年半、北海道や東北、四国など各地を旅してきました。

そんな旅の相棒の魅力や印象をお届けします。

GSR400の魅力
  • ビルトインの後方排気マフラーがカッコいい
  • エンジンを回した時の伸びやかな加速が楽しい
  • 重量はあるがその分安定した走りにつながっている
  • 街乗りからキャンツーまで幅広く使える

基本スペック

まずはメーカーが公表している代表的なスペックです。

重量215kg
燃費32km/l
エンジン種類水冷並列4気筒
最高出力45kw,61ps
最高出力回転数12,000
最大トルク39(N・m)、4(kgf・m)
最高トルク回転数10,000

ルックス

まずGSRのルックスで個人的に好きなのがビルトインの後方排気マフラー。

バックライトと一体化されたようなデザインがかっこいい。

また、ハザードランプもビルトインのような形でデザインされています。

ライトやマフラー類をシームレスな形状にし、スッキリとした精悍なルックスになっていると思います。

ライトは異形ヘッドランプ。

LEDライトで十分な明るさです。

 

加速性能とトルク

GSR400は高回転型の4気筒エンジンを積んでいます。

高回転域での加速が良いので、6,000回転を超えたあたりから強い加速を感じることができます。

10,000回転あたりまでエンジンを回すと

「フォォォォォ!!!!」

という高めのエンジン音と共に、とても強い加速を体験できます。

思わず「うおおお!!!」と言いたくなるほど!

一方で4,000回転以下のあたりは加速が遅く、原付2種の方がスタートの出足が速いことがあります。

それでも街中で車の流れに乗れないということはなく、公道を走っていてまったく問題はありません

また、タンデム・フル積載で四国の険しい山道を走った際も問題なく登ってくれました。

高回転型のエンジンだけあって、アクセルを回して初めてその魅力を感じることができるでしょう。

GSR400

直進安定性が高い

GSR400は約200kgの重量で、400㏄のバイクの中では重たい部類です。

また、タイヤもリアが180サイズと大型バイク並み。

この重量と大きなタイヤのおかげで直進安定性に優れています。

高速道路などでは多少の横風にもあおられないですし、アスファルトの凹凸でバランスを崩したこともありません。

車体重量があるため、キャンプツーリングなどで荷物を乗せたときも重心が不安定でフラフラすることはありませんでした。

また、剛性に強いフレームが採用されており、安心して身を任せられます。

体格が小さいと取り回しに苦労するかもしれませんが、女性でもGSR400に乗っている人はいます。

社外パーツは少なめ

残念なのがGSR400には社外パーツが少ないこと。

ネイキッドバイクをいじるのが好きな人にとっては、物足りなさを感じるかもしれません。

私もキャンプツーリングでもっと荷物を載せたいのでキャリアを探したのですが、丈夫なものが見当たらずワンオフで制作してもらいました。

乗車姿勢と足つき

私は身長171cm、体重62kgの普通体形です。

足つきは両足がつくくらい。

片足ならべったり着きます。

乗車姿勢はマイルドなやや前傾。

とてもオーソドックスな姿勢だと思います。

旋回性能

旋回性能はまずまず。

ものすごく小回りが利くというわけではないですが、きちんと曲がります。

車体重量がある分、ヒラヒラと曲がるというより、高速カーブを楽しむのが個人的には好きです。

タンデムはやりやすい

タンデムシートが広いため、後ろの人も比較的楽に座れます。

座面もライダーより少し高めなので、後ろの人の視界も良好。

丈夫なグラブバーが後部に取り付けてあり、後ろの人はしっかり掴まることができます。

荷物の積載は工夫しだい

GSR400の積載能力はほとんどありません。

シート下はお弁当箱くらいのスペース。

私はシート下にETC車載器を積んでいるので、もうスペースはないです。

GSR400のシート下

また、シート上に積載するときは、荷掛けフックの代わりにシートの裏側に「荷掛けループ」なる短い輪っか状のロープがあります。

この荷掛けループと、ツーリングネットやシートバッグを活用して

荷物を積んでいくことになります。

丈夫な金属性のフックと比べると心もとないですが、タンデムステップなど、積載用のロープなどを掛ける部分はあります。

キャンプツーリングの際に使う大型のバッグなどは問題なく載せられます。

燃費性能

燃費は公表スペックでは32km/lですが、実際にはストップ&ゴーが多い東京都内だと17km/l くらい。

ツーリングだと25㎞/lくらいでしょうか。

あくまで大まかに測った程度ですが、4気筒エンジンなのでこのくらいかな、と思います。

まとめ

というわけで、GSR400に3年乗って感じたインプレッションでした。

GSR400の魅力
  • ビルトインの後方排気マフラーがカッコいい
  • エンジンを回した時の伸びやかな加速が楽しい
  • 重量はあるがその分安定した走りにつながっている

400㏄のネイキッドバイクらしく、街乗りから遠出のツーリングまで幅広く活躍してくれます。

重量こそありますが、私の初めてのバイクがGSR400でしたので、初心者の方でも扱うことは十分可能です。

お読みいただきありがとうございました。

みなさま楽しいバイクライフを~!

関連記事と広告