【タンデム】北海道ツーリング2018 2日目 ちとせライダーハウス⇒富良野 ゴリョウゲストハウス

【前回(0・1日目)はこちら】

 

こんにちは、motocampです!

 

タンデム北海道ツーリング2日目ということで、いよいよ本格的にツーリングがスタートします!

2日目は千歳市を出発して、富良野観光をする予定です。

 

 

【目次】

 

急かされての出発

千歳市のちとせライダーハウスに泊まり、北海道ツーリングも今日から本番!

朝8:30に張り切って身支度をしていると、おかみさんが部屋をのぞいて一言。

 

「あらやだ、まだいたの?次の人が待ってるから早く部屋を空けてちょうだい」

 

私としては

「いやいやまだ8:30じゃない笑」

 

という感覚だったんですが、まあ早起きのライダーは多いし、8:30だと遅いと感じる人もいるのかな、こういうこともあるかな、ということで、急いで身支度を終えて出発!

 

今日はたまたま少し急かされちゃいましたが、ちとせライダーハウスは清潔で良いところでした。

 

寒さに震える午前

出発して富良野を目指しますが、いきなりけっこうな寒さと雨が襲ってきます。

 

嫁さんは寒がりなので、休憩を挟みつつ、重ね着やホッカイロや暖かい飲み物で体を温めながら進みます。

 

f:id:motocamp:20180830213643j:plain

寒がりな女性は多いので、タンデムで北海道ツーリングに行くときはしっかり寒さ対策をしておく必要がありそうですね。

 

富良野チーズ工房

 

寒さ対策しながらだったので、想定の1.5倍の時間をかけて、富良野チーズ工房に到着。

 

 

ここはチーズの製造・販売のほかに、本格ピッツァも作っています。

お店自体がピザと言わずにピッツァというあたり、

「てやんでぇ!うちは本格イタリアピッツァでい!アメリカのピザと一緒にするんじゃねぇやい!」

そんな意気込みを感じます。

 

お昼どきということもあり、混んでいましたが、30分ほどで着席できました。

評判のマルゲリータと4種のチーズピッツァを注文!

 

f:id:motocamp:20180830083622j:plain f:id:motocamp:20180830083648j:plain

 

美味い!!ボーーーノ!!

なめらかなチーズ、口に広がる香ばしい生地の香り!

これぞ出来たてのピッツァ。

もう一度言います、美味い!

 

美味しかったのだけど、耳のあたりまでもう少しチーズがのってると嬉しかった・・・。

 

 

美瑛の青い池

 

富良野まで来たので、美瑛の青い池へ。

これはメディアでなんども取り上げられて有名ですね。

 

駐車場は無料ですが、砂利ダートです。

タンデム&フル積載で砂利ダートを行くので、いつこけるかハラハラ・・・。

しかもくぼみもたくさんあるのでビクビク・・・・。

f:id:motocamp:20180830214139p:plain

「ぜってえこけねえ!!!」

気づいたらそう叫びながら駐車場を進んでいました。

 

 

無事着きました。

ハアハア、頑張った。

f:id:motocamp:20180830083818j:plain

 

去年も来ましたが、青い池と朽ちた白樺のコントラストが相変わらず独特の雰囲気。

 

ちなみに駐車場から出るときも

「ぜってえこけねえ!!!」と叫んでいました。

 

ファーム富田

 

ぜってえこけねえマンは花を見たいという嫁さんのためにファーム富田へ。

自分一人ではまず行かない所なので、新鮮!

5年ぶりくらいにジブリ作品をみたときのように新鮮な気持ちです。

 

相変わらずの曇天。
f:id:motocamp:20180829174710j:image

訪れた8月中旬ではラベンダーのシーズンは終わってしまっていたようで、温室に少しあるのみ。

ラベンダー意外の花をお楽しみください的な雰囲気でした。

それでもいろいろな花が植えてあり、見どころ十分だったと思います。

 

f:id:motocamp:20180829174623j:image

ラベンダーで有名なだけあって、構内の原付はラベンダー色でした。

遊び心があっていいですねー。

 

 

ゴリョウゲストハウス

 

夕方になっても天気がよろしくないので、今夜はゲストハウスに泊まることに。

本当はキャンプがしたかったけど、仕方なし!

 

今夜のお宿はゴリョウゲストハウス。

古民家ベースのゲストハウスです。

f:id:motocamp:20180829180015j:image f:id:motocamp:20180829175934j:plain

周りは畑や自然に囲まれた、かなり静かな環境でした。

今まで北海道ツーリングの宿といえば、500円のキャンプ場や、1,000円のライダーハウスでしたが、ここゴリョウゲストハウスは2,500円。

 

ゲストハウスとしては、決して高くないのですが、安宿に慣れすぎた私には

「2,500円……!やばい、ぜいたくしてるよ、これ絶対ぜいたくしてるでしょ。あぁー、明日からぜいたくに慣れてしまったりしたらやだなあ」

とか訳の分からない考えにとりつかれました。

 

当然ちゃんとベッドもあるので、ツーリングと言えば寝袋で寝るのが当たり前の私には「ツーリング先でこ、こんなふかふかのベッドでいいのか・・・?」

とベッドで寝ることに変な違和感もあったり。

 

とはいえタンデムツーリングは後ろの人を気遣いながらの運転で、一人のときより疲れる部分もあるので、しっかり休息できる環境は今思えば大事でした。

今日は寒かったので嫁さんにもしっかり休んでもらわないといけないところでもありました。

 

明日は3日目、乗馬を体験したあとにどんどん北を目指します。

 

お読みくださり、ありがとうございました!

 

【次回】

【タンデム】北海道ツーリング2018 3日目 富良野⇒旭川⇒名寄⇒中頓別 – MotoCamp~キャンプ好きなライダー日記~

 

【前回】

【タンデム】北海道ツーリング2018 0日目~1日目 大洗フェリー⇒ちとせライダーハウス – MotoCamp~キャンプ好きなライダー日記~

 

【関連記事】

motocamp.hatenadiary.jp

www.motocamp-japan.net

www.motocamp-japan.net

www.motocamp-japan.net