【タンデム】北海道ツーリング2018 5日目 天塩町~留萌~富良野

スポンサーリンク



【前回はこちら】 

 

こんにちは、MotoCampです!

タンデム北海道ツーリング2018、5日目に入りました。

今日を含めてあと3日で北海道ツーリングも終わりの予定で、だんだん終わりが見えてきました。

相変わらず天気が悪いですが、ハッスルして行ってきました!

 

【目次】

スポンサーリンク

 

 

強風のオロロンライン

 

天塩町の鏡沼海浜公園キャンプ場で目を覚まします。

外は天気予報どおりの強風&霧・・・。

そんな強風のオロロンラインを南下して留萌を目指して移動します。

f:id:motocamp:20180902190002p:plain

前から横から強い風が吹きつけてきてバイクが傾きそうになったり、上半身があおられたり。

「怖い!風強くて怖い!」

と口にする後ろの嫁さん。なんかすいません。

 

こんな強い風当たり、会社や取引先からも受けたことがねえ!

けど負けねえ!!

 

そんな負けん気を発揮して前に進みます。

 

 

 

しばらく走ると天候も回復して、気持ちの良い天気になってきました。

f:id:motocamp:20180902190009p:plain

晴れの日のヤエーは気持ちいい!!

 

 

留萌 蛇の目寿し

 

お昼ご飯を食べに留萌市の蛇の目寿しに寄ります。

   

 

北海道といえば海の幸!ですが、留萌市はとりわけ数の子が名産です。

数の子も入っている海鮮丼(特上)を頼みました。

特上といっても2,000円台だったのでリーズナブルな価格設定です。

f:id:motocamp:20180902191041j:plain

特産というだけあって、数の子がとても美味しい!生涯ベスト数の子!

数の子が嫌いな嫁さんもうまいと言ってました。 

他のネタももちろんとてもおいしい。

今年もごちそうさまでした!

 

北竜町 ひまわり畑

今日の目的地は富良野なので、どんどん南下していきます。

途中、北竜町のひまわり畑によります。

この北竜町のひまわり畑は国内最大規模のひまわり畑です(2018年8月MotoCamp嫁調べ) 

 

 

 

どれ、日本一のひまわり畑とやらを見せてもらおうか・・・・

 

f:id:motocamp:20180908125906p:plain

 

ひまわり、終わってました!

 

 

想像だと両サイドの畑にひまわりが咲き乱れているはずだったのですが、訪れた8月20日ころではシーズンの終わりだったようです。。。。

 

「もう無理だ。あきらめよう。。。」

そう思った私の脳内に

「あきらめないで、まだきっと咲いてるひまわりがあるわ。あなたみたいなタイミングを逃したうすらバカ用に少し残してあるはずよ」

という天の声が。

 

 探すと奥の方にまだ咲いてるひまわり畑がありました!

f:id:motocamp:20180908125737j:plain f:id:motocamp:20180908125803j:plain

 

ひまわり畑全体の規模からいえば、この日に咲いているところはほんの一部でしたが、それでも十分大きなひまわり畑でした。

マーベラス!!

 

 

雨竜町 カフェ Inacafe豆

 

一息つきに目星をつけておいたカフェ「Inacafe豆」へ向かいます。

ここは古民家カフェで、事情により取り壊し予定だったものが、建設業者の社長さんの目にとまり、取り壊しを取りやめて今のカフェに至ったそうです。

 

「この建物を残したい」と思うその方の審美眼や熱意とご縁があってのカフェだと思うと、なかなか素敵なエピソードですね。

 

 

f:id:motocamp:20180908131054j:plain f:id:motocamp:20180908131906j:plain

 

建物も素敵ですが、ここのコーヒーやお茶は山の伏流水を使用しているそうです。

とてもまろやかな水で美味しかったです。

バイクでなければポリタンクで水を持って帰りたいくらいでした。 

 

 

 

富良野 ゲストハウス ログ由縁(ろぐゆかり)

 

たくさん寄り道しながら、本日の宿「ログ由縁」に到着。

 

f:id:motocamp:20180908132145j:plain

 

丘の中腹にあり、徒歩でのアクセスは良くないですが、屋根つきガレージが 5台分あり車があれば来やすいお宿でした。

 

ただ、ここのご主人はライダーはあまり客として好きではないらしく、ツーリングマップルへの掲載を止めたと話されてました。

なんでもマナーが悪いライダーが多かったとのこと。一部の某外国バイクメーカーのライダーが集団で来たりして、騒音や威圧感でご近所や宿泊客に迷惑がかかるとも言ってました。

バイク乗りとしては耳の痛いところ。

変なバイク乗りのせいで、バイク乗りが泊まれるところが減るというのはよく聞きますが、本当に困った話です。 

こういう話を聞くたびに、自分も襟を正そうと感じます。

 

 

ちなみに宿としては良いところだったので、別記事に詳しく書くつもりです。

 

 

さて、いよいよ明日はずっと行きたかった「星に手の届く丘キャンプ場」へ向かいます。明後日にはフェリーに乗る予定なので、いよいよ終わりが近づいてきましたが、最後までエンジョイしていきます!

 

お読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

【次回】

【タンデム】北海道ツーリング2018 6日目 富良野市内~星に手の届く丘キャンプ場

 

【関係記事】

motocamp.hatenadiary.jp

www.motocamp-japan.net

www.motocamp-japan.net

www.motocamp-japan.net

 

スポンサーリンク