【キャンプ場レビュー】鏡沼海浜公園キャンプ場・ライダーハウス【北海道天塩町】

こんにちは、バイクをピカピカに洗ったあとに限って、雨によく降られるmotocampです!

 

今回取り上げるのは北海道天塩町の鏡沼海浜公園キャンプ場です!

2018年8月に北海道ツーリングで利用しました。

 

沼って名前ですが、湖畔のキャンプ場みたいなものです。

歩いてすぐに温泉のある、快適なキャンプ場でした!

また、ライダーハウスも併設されており、幅広い利用が出来ます

 

 【目次】

スポンサーリンク

 

場所

 

鏡沼海浜公園キャンプ場は北海道天塩町にあります。

オロロンラインから少し外れた所にあり、最北端の宗谷岬を目指す人が利用しやすい立地です。

 

料金

 

有料施設 料金 備考

バンガロー(4人用)

3,300円 (1泊2日) 要予約
キャンプ場シーズン券 3,000円 (キャンピングフリーサイト、キャンピングカーサイト、ライダーハウスのみ)  
キャンピングフリーサイト 500円 (1泊2日、1張り) 管理棟にて受付
キャンピングカーサイト 500円 (1泊2日、1台) 管理棟にて受付
ライダーハウス 200円 (1泊2日、1人) 管理棟にて受付

 (出典:北海道天塩町HP)

 

設備など

 

キャンプ場概要

地面種類:芝生、一部砂
ロケーション:湖畔(沼)
車両の乗り入れ:不可。
リアカー:なし。
炊事場:あり。
トイレ:水洗で清潔。
ゴミ捨て場:あり。有料。
自販機:あり。
売店:なし。
ランドリー:あり。
シャワー:なし。
買い出し:コンビニまで徒歩で10分。
ガソリンスタンド:車で5分。
温泉:徒歩で5分。

 

キャンプ場の詳細

 

実際に利用した感じを書いていこうと思います。

 

この日はどんよりとした曇りで、雨が降りそうだったのでバンガローを借りました。

なんだかサイロの形に似ていてかわいい。

f:id:motocamp:20181020120946j:plain

オートサイトを除き、車の乗り入れが出来ないですが、このバンガローのすぐ裏にバイクは停められます。

 

バンガロー内部です。

二段ベッドとコンセントがあるだけのシンプルな作りです。
f:id:motocamp:20181016164915j:image

 

今回私が使ったバンガローより一回り大きいものもありました。

f:id:motocamp:20181016164835j:image

バンガローの目の前はフリーサイトです。

テーブルと焚き火台がサイト内にいくつか設置してありました。
f:id:motocamp:20181016164956j:image

目の前に沼があるので、オーシャンビューならぬ、沼ビュー!

 

ちなみに、画面奥の建物が温泉です。

歩いて5分程度なので、旅人の疲れを癒すにはもってこい!
f:id:motocamp:20181016165201j:image

 

 

開放感たっぷりの沼ビュー!

 

沼の横には「犬を沼に入れないで下さい」の看板。

 

なんだろう。個人的に面白い字面です。

そして今後一生このワーディングには出会えない気がします。
f:id:motocamp:20181017174441j:image

ともかく沼ビューを満喫できます。

 

トイレは水洗で清潔でした。
f:id:motocamp:20181016165305j:image

 

炊事場は屋根付きで蛇口の数もたっぷり。作業台もあります。
f:id:motocamp:20181016165540j:image

 

旅人に嬉しい洗濯機もありました。

f:id:motocamp:20181020121524j:plain

しかも物干し竿まであるという。

確かに洗った後は干さないとだけど、キャンプ場でありそうでなかなかないと思います。

f:id:motocamp:20181020121539j:plain

 

ライダーハウスの様子

 

鏡沼海浜公園にはライダーハウスも併設されています。

工事現場などによくあるプレハブ小屋で、複数あるうち1棟は女性用のハウスです。

f:id:motocamp:20181016165445j:image

 

今回、女性棟には入れなかったので、男性棟の様子をお伝えします。

 

ご覧のように、鏡沼海浜公園のライダーハウスは畳が7畳ほど敷いてあるだけ。

あとは荷物棚があるのみのシンプルな構成です。
f:id:motocamp:20180926202549j:imagef:id:motocamp:20180926202612j:image

ライダーハウスもキャンプ場の管理棟で受付をします。

 

バンガローが3,300円に対して、ライダーハウスは200円なので破格の安さ!

雨の日には頼もしいです。

 

まとめ

キャンプ場にはテーブル、バンガローがあり、周辺には温泉やセイコーマートもあるため、最低限の装備でもキャンプがしやすい環境です。

 

オロロンラインに近いですが、静かな環境で車の音などは気になりませんでした。

 

宗谷岬を目指すライダー、チャリダーにとって利用しやすい良いキャンプ場だと思います!

以上、鏡沼海浜公園キャンプ場のレビューでした。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

【関連記事】

www.motocamp-japan.net

www.motocamp-japan.net