北海道ツーリングの準備 行く前にするべきこと

<関連記事>

北海道ツーリング中の服装について考える –

 

北海道ツーリングに必要な持ち物 北海道を3,000km走って見極め!!

 

 

こんにちは、MotoCampです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日は北海道に行く前にどんな準備をすれば良いのか、初めて北海道ツーリングを計画中の方に向けて書きます。

参考になればうれしいです。

 

 

 

 

f:id:motocamp:20180420223747j:plain

 

 

 

1.いつ行くかを最低2か月前に決める

 

実は「いつ行くか」を決めることはかなり大事です。

例えば大洗⇔苫小牧区間を航行する三井商船フェリーでは2か月前からの予約が可能です。

8月中のピーク時期だと6月の予約開始当日の朝から申し込みがどんどん入ってきます。

「いつ行こうか・・・」と考えていると席があっという間に埋まってしまいます。

働いている人の場合、2か月先の休みを考えるのはなかなか大変かもしれませんが、「この日程で行く!」と決めてフェリーを予約しましょう。

当たり前ですが、ぜひフェリーの予約とあわせて休みの確保もしておきましょう! 

 

 

2.どう行くかを決める

f:id:motocamp:20180506214455j:plain

北海道ツーリングに行く方法としては3つに分類できます。

許す時間が人によってそれぞれですので、合った方法を検討してみましょう。

 

 

(1)最寄りの港からフェリー

(2)青森までバイクで自走&フェリー

(3)飛行機&バイクはレンタル又は輸送

 

 

(1)最寄りの港からフェリー

 

最もポピュラーな方法です。

関東からの場合、大洗フェリーターミナルまたは新潟フェリーターミナルを利用するのが一般的です。

 

 

 

(2)青森までバイクで自走&フェリー

 

東北に住んでいる人なら一般的な方法ですが、それより南に住んでいる人にとってはガッツの入った方法です。

都内なら700kmの距離を自走して行くので一日で行こうとすると大変です。

しかもフェリーに乗って数時間後には函館で、北海道ツーリングがスタートするので体力的にはかなりしんどいと思ってよいでしょう。

 

 

 

(3)飛行機&バイクはレンタル又は輸送

 

 時間の無い人向けです。

自宅の最寄りの空港から北海道へ出発します。

 

肝心のバイクは、

①あらかじめ陸送または空輸で北海道に運ぶ

②現地でレンタル

 

の2通りが考えられます。

 

いずれも(1)(2)よりお金が高くなる傾向にあります。

 

 

3.道具をそろえる

f:id:motocamp:20180511224739j:plain

 

北海道ツーリングではほとんどの人が泊まりがけのロングツーリングになると思います。

泊りがけの場合、泊まる場所には次のパターンが考えられます。

 

(1)キャンプ

(2)ライダーハウス

(3)民宿・ホテルなど

(4)漫画喫茶・健康ランド

 

 

 

(1)キャンプの場合

 

キャンプの場合、当然ですがキャンプ道具一式が必要になります。

さらに道具をバイクに積載するためのシードバッグなどもいります。

 

 

「じゃあ具体的になにが必要なの?」

という方はこちらへ↓

北海道ツーリングに必要な持ち物 北海道を3,000km走って見極め!!

 

 

(2)ライダーハウス

 

ライダーハウスとは、ライダーやチャリダーなどに対して格安で泊めてくれる宿を指します。

宿といっても相部屋が基本で、アメニティなどは無いと思ったほうがいいです。

料金も500円~2,000円程度まで幅があり、施設によって設備も異なります。 

 

特に寝具については、布団の貸し出しがあるところもありますが、基本はないと思ってください。

よって寝袋と寝袋マットを持っていく必要があります。

 

 

(3)民宿・ホテルなど

 

一番楽で、お金に余裕のある方向きです。

特に宿泊に必要な道具はないでしょう。

 

 

(4)漫画喫茶・健康ランド

 

これらは本来泊まるところではないですが、仮眠をとる方も多いです。

仮眠をとることは可能ですが、夜中でも物音に起こされるなど、安眠できない心配はあります。

 

 

4.一度は予行練習を

 

キャンプ派の方は道具を揃えてみたら一度キャンプツーリングをしてみて下さい。

理由としては

 

①いきなりぶっつけ本番でキャンプツーリングをすると、慣れないことの連続でせっかくの旅が苦痛になる可能性がある。

 

②一度練習してみることで、自分に必要・不要な道具の選別ができる。

 

ことがあげられます。

 

練習で一回行く程度なら疲れても翌日自宅に帰れます。

 

しかし北海道ツーリング中の初日に慣れないキャンプで疲れても、なかなか帰るわけには行きません。

 

お忙しい方はデイキャンプでも良いので、一度キャンプしてから北海道に出発してみてください。

 

 

5.整備をしておく

 

一度北海道に行くと、かなりの距離を走ることになります。

私が2017年に初めて北海道に行ったときは3,000km以上を走りました。

 

それだけ走行距離が延びるので、出発前の整備は自分でできる範囲で行いましょう。

万が一、山間部など人気のないところで故障のトラブルに合うと大変です。

また、走行距離の分エンジンオイルも劣化しますので、出発前に交換します。

 

私の場合、出発前にエンジンオイルの交換、各所の注油、チェーン整備を行っていきました。

ライダーならだれもが行う、普段通りの整備ですが、出発前に忘れずやっておきたいところです。

 

 

 

 それでは素敵な北海道ツーリングを!

お読みくださりありがとうございました!

 

 

 

 

<北海道ツーリング道具の紹介>

北海道ツーリングに必要な持ち物 北海道を3,000km走って見極め!!

 

<北海道ツーリング中の服装について>

〈準備編〉北海道ツーリング中の服装について考える

 

 

<実際の旅の様子>

GSR400で行く 北海道ツーリング2017日誌 <5日目ルート 苫前~宗谷岬~クッチャロ湖>