【夕日が美しすぎる】クッチャロ湖畔キャンプ場 北海道ツーリング

北海道




こんにちは、MotoCampです!

今回はクッチャロ湖畔キャンプ場のレポートです。

2017年8月に北海道ツーリングに行ったときに一泊してきました。

タイトルにも書いた通り、

夕日がとっっってもきれいなキャンプ場です。

都会で薄汚れた私の心を洗い落としてくれんばかりの美しさ!

圧 倒 的 洗 浄 力!

驚 き の 白 さ !

ア タ ッ ク ―!!

・・・・すいません、話がそれました・・・。

まじめな話、夕日だけにおさまらない、クッチャロ湖畔キャンプ場の魅力をお伝えしていきます。

キャンプ場の概要

場所

クッチャロ湖は北海道最北の地、宗谷岬の南東60km程度の場所にあります。

なかなか気軽にアクセスする場所ではないですが、道北に行くなら立ち寄る価値はあるキャンプ場です。

料金

料金は、

  • 大人1名:400円
  • 小人1名:200円
  • 貸しテント(4名用):1,500円

です。

ロケーションや施設のことも考えると、本当にお値打ちです。

キャンプ場の設備

トイレ:あり。並みの清潔さ。

ゴミ捨て場:あり

売店:あり。テントの貸し出しもあり。

サイト:芝生

車の乗り入れ:不可

ロケーション:最高!夕日と湖が美しい!

周辺施設

まず、クッチャロ湖畔キャンプ場には「はまとんべつ温泉ウイング」という温泉施設が併設させています。

温泉、食事などはここですませることができます。

また、車で5分程度でセイコーマートもあるので買い出しにも不便しません。

キャンプ場の様子など

では実際に利用した時の様子を紹介してみます。

2017年8月、午後3時ごろ、クッチャロ湖畔キャンプ場に到着。

ツーリングも4日目で疲れてましたが、天気が良く、湖面のきらめきがきれいで一気にテンションがあがります。

テンションの高低差ありすぎで耳キーンなるやつです。

右側の建物が受付兼売店です。

f:id:motocamp:20180719215324p:plain

受付の裏にアスファルト舗装された駐車場があります。

f:id:motocamp:20180719215344p:plain

受付を通り過ぎるとキャンプサイトです。

道路とテントサイトの境界までアスファルト舗装されており、フル積載のバイクでも安心です。

f:id:motocamp:20180719215332p:plain 左側が駐車場で、右側のテントサイトに車両の乗り入れはできませんが、受付の人に

「荷下ろしの間ならサイトぎりぎりのところに停めていいよ」

言われて助かりました。

写真の通りとても広々としたキャンプ場です。

テントサイトが広く、開放感があります。

経験上、となりのテントとの距離が近いとロクなことが無いので、広いと本当に安心!

f:id:motocamp:20180719215349p:plain

写真右にはゴミ捨て場もあります。

設営した後です。

クッチャロ湖畔キャンプ場には机やベンチも多く、少ない荷物でもキャンプが楽しめるところがいいですね。

f:id:motocamp:20180719215705j:plain

しばらくすると日没の時間になりました。

おまちかね夕日タイムです。

今回の北海道ツーリングはクッチャロ湖の夕日が目的の一つだったので、ビール片手にのんびり夕日を眺めます。

超ぜいたくタイムの始まりです。

f:id:motocamp:20180719215425j:plain
f:id:motocamp:20180719215439j:plain
f:id:motocamp:20180719215442j:plain
f:id:motocamp:20180719215450j:plain

最後は夕日が雲に隠れちゃいましたが、十分楽しめました。

きっと明日は明日でまた違う夕日が見られるんでしょう。

もう一日ここでゆっくりしたいと思いつつ、明日の目的地のことを考えながら眠りにつきました。

お読みいただき、ありがとうございました!

【関連記事】

北海道ツーリングの持ち物

【準備編】北海道ツーリングに必要な持ち物・装備 5,000km走って見極めたものを紹介

2019年8月3日

【初心者】北海道ツーリングの魅力・日数・費用などについてまるっと説明

2019年1月12日

ロングツーリングに行くなら距離無制限のロードサービスに入っておこう

2019年1月1日
北海道ツーリングのおすすめルート

【絶景】北海道ツーリングのおすすめルート

2018年5月24日

関連記事と広告